【決定版】東京都23区の治安ランキング[治安の良い区・悪い区はどこ?]

東京の治安ランキングTOP > 目黒区

第4位 目黒区
(主な街:中目黒・祐天寺・学芸大学・自由が丘など)

スポンサーリンク

基本情報

人口
269406人
刑法犯認知件数
2376件
犯罪発生率
0.88%
犯罪形態
自転車盗(732件)
侵入窃盗(107件)
粗暴犯(67件)

治安評価

犯罪の少なさ
★★★★★
街の衛生面
★★★☆☆
地域性
★★★★★
防犯対策
★★★★☆

人口の減少がみられる目黒区

自由が丘や中目黒を筆頭に、世田谷区とは一味違った「落ち着いた東京」のステータスがある目黒区。まるで港区に似た高い意識と、世田谷区の所帯感を持ち合わせたような街。
キャリアウーマンにとって「憧れの街」ともされる街のブランドイメージが先行し、30代〜40代の未婚女性が多く住んでいます。高学歴の割合も多く、まさにトレンディ・ライフスタイルを地でいく場所です。
「住みたい街」としていつも上位に君臨する目黒区だが、実は住みにくいという噂も。というのも、ドラックストアやコンビニ、スーパーなどの数が23区内ではどれも下位にあたります。「チェーン店のない町並み」といったらわかりやすいでしょうか。
しかし、そんな意識の高い住民だからか、事故・事件は少なく、火災の発生なども低い。地域コミュニティの防犯・防災意識も高く、「自助」「共助」の精神がある街でもあります。

世帯層が中心となって街の防犯・防災をパトロール

世田谷区と同様、世帯層が多く住む目黒区では住人同士の昔からの繋がりもあり、地域コミュニティのパトロールや防犯資材の貸与、研修会などに取り組んでいます。ユニークな所では「清掃車による”うごくこども110番の家”」といった活動もあり、子供にたいする防犯対策もしっかりと行っています。
防犯のための環境づくりとしても、放置自転車に対する対策や駐車場の整備も行っており、とても防犯の意識が高い地域と言えるでしょう。
また、防犯だけでなく防災意識も高いので、もしもの時の助け合いがある、安全・安心の住宅地域です。

目黒区の主要駅をもっと知る

土地勘なくても大丈夫!治安の良い所に住みたいなら

希望を伝えると専門スタッフが選んで紹介してくれるイエプラという不動産サイトが便利です。
・治安が良く、きれいな街で普段の買い物が便利な場所
・駅からの道が明るくて安全な物件
・女性限定で住民トラブルの少ない物件
など、他の不動産サイトでは指定が難しい条件で部屋探しができて、しかも24時間対応だから寝る前のちょっとしたネットサーフィンでもおすすめ物件が見れます。
FacebookやTwitter、Yahooのアカウントで簡単にログインできるので、当サイトの管理人も使用(2016年に引っ越しました)しましたが、部屋探しに複雑な事情を組み込んでもらう事も出来るので便利でした。
「チャット不動産」待っているだけで、最新のお部屋情報が届く【イエプラ】
イエプラ