【決定版】東京都23区の治安ランキング[治安の良い区・悪い区はどこ?]

東京の治安ランキングTOP > 台東区

第19位 台東区
(主な駅:上野・鴬谷・御徒町・浅草など)

スポンサーリンク

基本情報

人口
184751人
刑法犯認知件数
4318件
犯罪発生率
2.33%
犯罪形態
自転車盗(679件)
粗暴犯(173件)
侵入窃盗(102件)

治安評価

犯罪の少なさ
★★☆☆☆
街の衛生面
★★☆☆☆
地域性
★★☆☆☆
防犯対策
★★★☆☆


江戸の伝統を残す古風な東京の下町、台東区

23区で最も面積が小さく下町を代表する街の上野と浅草を抱える男性が多い区、それが台東区です。
台東区を表す数字としては「お墓」が多いのも個性的。さらに個人事業主が多い割に平均所得は23区でも15位前後を推移しており、所得ランキングで万年再開をいく足立区よりも安定しています。
その理由は指物、仏壇、江戸簾、漆器などの下町の歴史からなる根付いた伝統工芸の匠が多いことに他なりません。

ものづくりの街として有名な大田区(工場)や江戸川(町工場)とは違ったモノづくりの街です。
そして古くからの「火事と喧嘩は江戸の花」な江戸を引き継ぐ江戸っ子たちの住まうエリアと言えます。

治安維持対策は目下の課題

その特徴からか治安という面ではあまり良い数値、評判はありません。
犯罪発生件数は依然高く、過去と比較した減少率も小さいまま。夜間人口を除いた犯罪発生率では23区内でワースト一位という不名誉な結果も出ています。
万引きや粗暴犯、自転車の窃盗も多く、治安が良いとは言えないでしょう。特に女性の一人暮らしにはおすすめしません。

最も気になる数値は生活保護率が高いという点。平均所得が低くない割に生活保護率が23区内で一位となっており、この要因は日雇い労働者のドヤ街(山谷)にあるといわれています。
他の数値としては23区内で年間の死亡率も10.4%と高いですが、それは北区に次いで年配の方が多いため。

課題も大きいため取り組みは多く、パトロールは子ども安全巡回パトロール(365日)、青色回転灯付パトロール、安全・安心リーダー講習会などを実施、
二次被害を防ぐ犯罪発生時の対策としてもたいとう安全・安心電子飛脚便(携帯電話、パソコンへのメール配信)、たいとう安全・安心かわら版(町会等にFAXし、町会掲示板等へ掲出)、CATV緊急情報告知システム、「生活安全ニュース」配布、区政情報モニターによる情報発信など、積極的な犯罪情報の発信を行っています。
また、昔から続く悪い文化として暴力団の存在があるため、暴力団追放キャンペーン、暴力団追放都市宣言、振り込め詐欺防止の金融機関等への啓発、「台東区暴力団排除条例」制定・施行など他の区にはあまり見られないほど、暴力団に対する対策が多いのが特徴的です。

特に治安が悪いのは浅草と上野周辺。住むなら墨田区へ。

人が集まるところに犯罪あり、と言わんばかりに上野と浅草周辺は特に犯罪件数が多いです。
北側の日暮里、南千住や、南側の秋葉原周辺でも犯罪件数が多く治安が良いとは言えないため、それでも台東区で住まいを探す場合は、墨田区寄りの寿、三筋など田原町(銀座線)周辺を選択することをおすすめします。
しかしできれば同じ路線で一歩先に行って墨田区の吾妻橋や本所一丁目などを選択した方が無難でしょう。

土地勘なくても大丈夫!治安の良い所に住みたいなら

希望を伝えると専門スタッフが選んで紹介してくれるイエプラという不動産サイトが便利です。
・治安が良く、きれいな街で普段の買い物が便利な場所
・駅からの道が明るくて安全な物件
・女性限定で住民トラブルの少ない物件
など、他の不動産サイトでは指定が難しい条件で部屋探しができて、しかも24時間対応だから寝る前のちょっとしたネットサーフィンでもおすすめ物件が見れます。
FacebookやTwitter、Yahooのアカウントで簡単にログインできるので、当サイトの管理人も使用(2016年に引っ越しました)しましたが、部屋探しに複雑な事情を組み込んでもらう事も出来るので便利でした。
「チャット不動産」待っているだけで、最新のお部屋情報が届く【イエプラ】
イエプラ